借金解決の近道は何といっても債務整理!おまとめローンで審査が通らなかったら、他の業者の借り入れも難しい状態です。借金の返済に困って解決法を探していたら、まずは債務相談を受けることから始めてみましょう。
MENU

借金整理には債務整理が究極の近道

 

借金整理には債務整理が近道

もしあなたが返済に困って次のサラ金に手を出そうとしていたら。その前にちょっとこのサイトを覗いていってみてください。

 

危ない橋を渡るより、堅実に今の借金地獄から這い上がれる債務整理を考えてみませんか?

 

元の借金のなかった生活に一日でも早く戻りたかったら債務整理が一番の近道です。

 

あなたが考えているほど、債務整理は難しいものではありません。

 

その証拠に、借金で苦しむたくさんの方々が、この債務整理で借金地獄から脱出しています。

 

もし貴方がいくつものサラ金で、借金を順調に増やしてしまっていたらなおさらです。多重債務なんかにはまったら、ちょっとやそっとじゃ辛〜い借金生活から抜け出すことはできませんよ。

 

こんな毎日から抜け出したかったら

 

月末は、借金返済のストレスで胃はヒリヒリ、寝不足で目はうつろ。もう仕事どころじゃありません。

 

どこのサラ金でも、追加融資も新規融資もしてくれない・・・。
「誠に申し訳ございませんが、今回は見送らさせていただきます」ばかり耳にタコができるほど言われ続け、残るは「ブラック可」の危なすぎるヤミ金だけ・・・。

 

こんなことを繰り返していたら、トドのつまりは自己破産とあいなります。

 

それならそこまで行く前に、さっさと債務整理してしまいましょう。

 

「ああ、やっぱり債務整理か・・」とここから立ち去らず、まぁ、私の話をちょっと聞いていってください。

 

多重債務者がサラ金の窓口に出向いて、融資見送りを告げら続けるのと比べたら、債務整理の相談窓口はまるで天国です。快く、そして優しく貴方を迎い入れてくれ、貴方を借金地獄の出口へといざなってくれます。

 

 

↓貴方に合った債務整理をチェック↓

 

誰にも内緒で利子なし返済可

 

誰にも内緒で利子なし返済可

会社はもちろん、奥さんや旦那さんといった家族にすら内緒で借金整理する方法もあります。

 

しかも、利子はカットしてもらい元金のみの返済で許してもらえます。さらに、過払い金があればそれはしっかり返してもらえます。

 

債務整理にはそんな我がまま(?)な方法もあるんです。それは聞いたことはあると思いますが任意整理という方法です。

 

「一生懸命返済しても元金がなかなか減っていかない!」のは利息が高いから。

 

だから利子なしで元金だけの返済にしてもらいましょう。見る見るうちに元金が減っていくのを体感できます。気持ちいいですよ!

 

 

新たに借金を申し込んで、さらなる多重債務者に落ち込むより、確実に明るい将来が得られます。
こんな債務整理で借金生活から抜け出せるのに、何らためらう理由は見つかりませんよね。

 

なにしろ、宝くじでも当たらなければ、遅かれ早かられ最後は必ずお世話になることなら、できるだけ傷が浅いうちに手当てしてしまいましょう。

 

★家族にも内緒で債務整理するならココ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

お金がなくても大丈夫

 

お金がなくても大丈夫

でも債務整理するといっても、その資金が手元にないですよね。何しろお金がないから工面しようとしてるわけですから。

 

そんなことは弁護士も司法書士もちゃんと解っています。何しろ専門家ですから。

 

だから、ほとんど初期費用無しで請け負ってくれます。

 

もちろん、債務整理の費用までただでは請け負ってもらえません。何しろあちらも商売ですから。

 

それじゃあどうするかというと、分割で、しかもあなたに無理のないような方法で支払いをすることができます。

 

そもそも、債務整理を初めて、債権者との折り合い(弁護士や司法書士があなたに代わって和解交渉をしてくれます)がつくのに約半年の時間がかかります。

 

その和解交渉で折り合いがつくまでの間は、返済はストップして利子も発生しません。

 

だから、その期間を利用して分割で費用を支払ってしまいます。

 

返済することもないのですから、無理なく債務整理の費用の支払いは完了してしまいます。

 

その後和解されてから、過払い金の有無と元金の残額を決められた方法で返済がはじまります。

 

 

↓貴方に合った債務整理をチェック↓

 

サラ金との決別

 

サラ金との決別

債務整理を委託すると、それを受託した弁護士や司法書士が債権者(サラ金)に報告します。

 

するとこの瞬間、事実上サラ金との決別です。

 

本当は返済が終わるまで決別はしたことにはなりませんが、債務整理が始まった時点で、法的に債券者(サラ金)は債務者(貴方)に直接接触することができなくなります。

 

もちろん、督促の電話だって即止まります。

 

あとは、貴方の代理人となった弁護士や司法書士がすべて窓口となるため、名残惜しいかもしれませんが、サラ金と関わり合いはそこで終了です。

 

ちょっとした連絡事項でも、すべて代理人経由しなければならないので、その連絡も弁護士や司法書士経由であなたに入ってきます。

 

もし債権者(サラ金)が変な行動を取ろうものなら、法の網に引っ掛かり、法によって裁かれますから安心してください。

 

 

まず、債務整理が大事だなんて躊躇しないで、弁護士や司法書士に相談してみてください。

 

このまま借金し続ける方が、後々大事になることを肝に銘じて、借金から足を洗う方向へと舵を取ってみてください。

 

債務整理で心配なこと

 

債務整理で心配なこと

債務整理をすることで、いろいろな支障が出るのではないかと心配になって、債務整理に二の足を踏んでいる方も少なくありません。

 

金銭的な面では、その後の生活も多少節約が必要にな場合もあるかもしれませんが、社会的な支障は、多くの方が心配されているほど少ないものです。

 

債務整理を行おうとしている方がよく心配されていることについて、いくつかご紹介しておきましょう。

 

 

債務整理をすると家族に支障は出る?

 

債務整理をしたことで、奥さんやご主人、またお子さんや親御さんや兄弟の勤務先や学校などに債務整理の情報が流れてしまって、迷惑をかけてしまうのではないかと心配されている方が多いようです。

 

しかし、債務整理に関しては、あくまでその借金の整理をした人個人の問題なので、家族や親族といえども、その影響を受けることはありません

 

また、家族のクレジットカードまで止められてしまわないかという心配されている方もいらっしゃいますが、家族名義のクレジットカードやローンについても、一切影響を受けませんのでご安心ください。

 

債務整理をすると戸籍に傷がつく?

 

債務整理をすると戸籍に傷がつく?

債務整理をしたからといって、戸籍謄本などに記載されることも、ましてや記録に残ってしまうということはありませんので安心してください。

 

但し、金融機関が利用している信用情報機関の情報には、あなたが債務整理を行ったという情報は載ってしまいます。これは、よく言われるブラックリストに載ってしまうということです。

 

この信用情報機関は、金融会社や信販系の会社が、クレジットや融資などの申し込みを受けた際に、その人の信用情報を調べるためにい使っている会社です。

 

あなたが借金を申し込んだ際に、審査を行った事を覚えていらっしゃると思いますが、その審査の際に顧客の信用をチェックしている機関ですので、戸籍などのように役所関係の情報として残ってしまうこととは違います。

 

債務整理をするとクレジットカードが作れない?

 

債務整理をするとクレジットカードが作れない

クレジットカードやローンなどの新たな借金をすることについては、それらを申し込む際に上記の信用情報を参考にされてしまうので、難しくなるでしょう。

 

但し、上記の情報の掲載期間は、5年から10年程なので、その後には審査も通るようになるでしょう。

 

※債務整理をした金融機関は、独自で自社のブラックリストを持っていますので、信用情報機関のように時間がたてば掲載から消えるということは内容で、永久に審査は通らないようです。

 

例えば、A者から借り入れした借金を債務整理した場合、A社独自のリストにあなたの債務整理の履歴は永久に残ってしまうため、10年以上たったからといって、残念ながら申し込み審査に通ることはありません。

 
このページの先頭へ